マンスリーマンションとウィークリーマンションは何が違うの?

公開日:2022/03/01


少し長めの出張、大学受験に備えた滞在などでホテル暮らしはもったいない、そんな時便利に利用できるのが、マンスリーマンションやウィークリーマンションです。両者はとてもよく似た名称ですが、どんな違いがあるのでしょうか?ここではマンスリーマンションとウィークリーマンション、それぞれの魅力と違いについて解説します。

マンスリーマンションの魅力

マンスリーマンションは1か月単位で利用できる、お得な賃貸マンションです。家具、家電が備え付けになっており、入居時から快適に過ごせます。調理具や食器、アイロンといった生活用具をレンタルすれば、自分の家とほぼ変わらない生活が営める点が魅力です。一般の賃貸マンションと違い、敷金・礼金が必要ありません。

2年以内の滞在で、あくまでも仮住まいとして利用するなら、一般の賃貸マンションよりもマンスリーマンションの方が圧倒的にお得な物件なのです。1か月を超える長期出張、単身赴任、複数の大学を受験する受験生などに幅広く利用されています。改築やリフォームで、1か月以上自分の家に住めない人は、旧宅で使用していた家具・家電をトランクルームやレンタルコンテナに預け、マンスリーマンションでの仮住まいを満喫しているようです。

ウィークリーマンションの魅力

ウィークリーマンションは1日から利用でき、一週間単位で借りられる賃貸マンションです。

賃貸マンションでありながら、ホテル感覚で気軽に利用できる点が魅力です。マンスリーマンションと同様に、家具・家電が備え付けとなっているので、ホテルよりも充実した室内設備が利用できます。光熱費、管理費が含まれるため、一般の賃貸マンションよりも賃料は高めですが、敷金・礼金の支払いがなく、入居時の費用は低く抑えられます。

2泊を超える出張、志望校を絞った大学受験の宿泊に利用できます。観光で長めに滞在したいとき、入院中の家族に付き添う宿としても便利に活用されています。新居を探す間のショートステイにも向いていますね。

最近では、観光地で過ごすワーケーション、自主隔離にも利用されるようになりました。ホテルの延長的な施設ですが、部屋内の清掃、シーツの交換などは自分で行います。1週間程度の滞在ですから、付近の飲食店を利用して、外食ですませる人も多いようです。

マンスリーマンションとウィークリーマンションの違い

マンスリーマンションとウィークリーマンションはよく似た形態を持っていますが、細かく見ていくと、顕著な違いがあります。両者の違いを見極めてから物件探しを始めれば、当地での暮らしやすさが向上し、費用面の問題がクリアされるでしょう。

法律・所轄が違う

マンスリーマンションとウィークリーマンションでは適用される法律が違います。マンスリーマンションは定置借地権法、ウィークリーマンションでは旅館業法が適用されます。

低地借地権法とは地主の権利や借り主の権利を定めた法律で、賃貸マンションや賃貸アパートに適用されます。旅館業法は旅館業務の適切な運営を図るため、一般のホテルや旅館に適用される法律です。所轄官庁はマンスリーマンションが国土交通省、ウィークリーマンションは厚生労働省が監督しています。つまりマンスリーマンションは賃貸業、ウィークリーマンションは旅館業に分類されるわけです。

滞在期間が違う

基本的にマンスリーマンションは1か月単位、一年以内の居住で契約します。ウィークリーマンションは1日以上、1週間単位の契約です。

それぞれの契約期間を過ぎると更新して居住できますが、滞在期間によっては、割高になるので日数の見極めが重要となります。

保証人の有無

マンスリーマンションでは初期契約の際、保証人が必要となります。ウィークリーマンションは旅館業と同類なので、保証人は必要ありません。

しかし一部では利用日数に応じて、保証人が必要ないマンスリーマンション、保証人が必要あるウィークリーマンションも存在します。契約時に保証人を立てたくない人は、この点を確認しておきましょう。保証人とは別に、緊急連絡先として、本人以外の連絡先を確認するケースが多いようです。

マンスリーマンションとウィークリーマンションの賃料

マンスリーマンションの平均した賃料は全国的に見て、1Kの一人住まいが1か月約8万円です。

ウィークリーマンションの1日あたりの家賃相場は約5,000円で、1月分に換算すると15万円の賃料となります。

従って、1か月の滞在であれば、マンスリーマンションはウィークリーマンションよりもお得な賃料となります。

 

マンスリーマンションとウィークリーマンションはどちらも室内に家具・家電が備え付けられ、ホテルよりもお得に利用できる宿泊施設です。マンスリーマンションは賃貸業、ウィークリーマンションは旅館業に分類され、保証人の有無などそれぞれ違いが見られます。1か月以上の滞在ならば、マンスリーマンションがお得です。滞在日数とライフスタイルを合わせて考え、自分に合ったマンションを選びましょう。

【愛知県】おすすめのマンスリーマンション紹介会社ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名リードマンスリーアットインリブマックスレオパレスグッドステイ
特徴①カバン1つでその日から生活が始められるすぐに生活できるように家具家電を豊富に用意主要ターミナル駅近くのエリアに物件を数多く保有している部屋探しから鍵のお渡しまで来店せずに完結アクセスが良好な物件を多数用意
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
【愛知県】おすすめのマンスリーマンション紹介会社ランキング!
記事一覧