マンスリーマンションの中途解約は可能?トラブルを防ぐ方法とは

公開日:2022/04/01


いざマンスリーマンションを契約したのはいいけれど、途中で予定が変わって急に退去することになった…長期出張や就活ではよくある事です。違約金は必要か、支払った家賃は一部でも返金されるのか、必ず事前に確認しておきましょう。マンスリーマンションの中途解約はできるのでしょうか。中途解約ができてもお金は返金されるのでしょうか。

マンスリーマンションを中途解約すると違約金が発生する?

マンスリーマンションの中途解約はできます。長期滞在ホテル代わりに契約する利用者が多いため、管理会社も中途解約されることには手慣れています。期限内に連絡すればすぐに対処してくれるはずです。

ただ、違約金が発生するかは契約次第です。必ず契約前に契約書を確認して、違約金の明示がないなど曖昧な箇所を確認しましょう。違約金の名称でなくても「原状回復費」「クリーニング代」の名目で請求されることがあります。

しかし入居前にキャンセルする場合は、必ずキャンセル料が発生します。たとえ部屋に入っていなくても契約した以上、全額返金は不可能です。たとえあなたが入居しなくても、いったん契約され、退去するなら誰かが利用した可能性があります。利用した可能性があるなら管理会社は部屋を掃除して、次のお客様を迎える必要があります。

クリーニング費用だけでなくさまざまな書類手続きの手間が発生します。それらの人件費を考慮するとキャンセル料の支払いは当然といえます。契約するまでに自分の予定をきちんと把握しましょう。

支払い済みの家賃は返金される?

マンスリーマンションは前払い制です。中途解約をしたら家賃の一部は戻ってくるのでしょうか。契約次第ですが、基本的には返金されないと考えてください。

中途退去の家賃返金については、事前に管理会社に相談しておくと安心です。一部返金に応じる管理会社もありますが、中途解約には申請期限があります。原則的には一部返金は難しいものと考え、事前に対策をすることをおすすめします。短い日数で契約するなど、利用者に対策できることがあります。たとえ返金されても、その額は日割り計算にならないと考えましょう。

たとえば30日8万で借りた物件を15日で返却しても、4万円が戻るとは限りません。手数料や管理費が差し引かれることがほとんどです。管理会社の中には厳密に返金割合を提示するところがあるので、中途解約の可能性があるなら返金システムをはっきりさせている管理会社を選びましょう。

マンスリーマンションの中途解約時のトラブルを防ぐ方法

中途解約はどうしても利用者が不利になりがちですが、対策はあります。

契約は短期間に

マンスリーマンションは長期契約のほうが割安になりますが、中途解約しても返金されなければ損をしてしまいます。絶対に期間内に解約しない、という自信がなければ短期契約のほうが結果的にコストを下げられるでしょう。しかし短期契約にもリスクはあり、同じ物件で契約更新ができない可能性があります。

とくに人気のエリアや繁忙期は部屋の取り合いになるので、次の契約者が決まっていたら期限を迎えたら強制的に出るしかないのです。長期滞在になりそうなら契約前に管理会社に事前に更新の可能性があることを伝えましょう。たとえ今の部屋を退去しても、近場で似た物件を紹介してもらえます。管理会社側もトラブルのないお客様に貸せるのはメリットだからです。

契約前に利用規約を読み込む

マンスリーマンションに限らず、契約時のトラブルは利用規約が優先されます。無用なトラブルを避けるためにも、利用規約をしっかり読み込みましょう。「表記があいまい(返金の割合や期限日など、数字で示されていない)」「トラブル時の対応が書かれていない」管理会社は安くても避けたほうが無難です。

具体的に明示している管理会社を選ぶ

利用規約で分かりにくい箇所があれば、管理会社に連絡しましょう。契約前にトラブルの芽に気づくことがトラブル回避につながります。回答がいい加減な管理会社は、たとえ安くても避けましょう。いったん契約を交わすと、よほど違法でなければ利用規約が優先されます。裁判をしても得られるものは少なく、泣き寝入りすることが大半です。

そんなトラブルに巻き込まれないためにも最低限「中途解約の返金について」「(返金可能な場合は)解約申し出期限と返金額の割合」「違約金、原状回復費など、退去時の費用発生」に具体的に規約にあるか、確認しておきましょう。

 

もし少しでも中途解約する可能性があるなら、管理会社は慎重に選びましょう。「解約申し出期限日」と「返金額の割合」「返金日」を確認することがトラブル回避に役立ちます。何より信頼できる管理会社と契約することが一番大切です。少し金額が割高でも、信頼に勝るものはないからです。

ネットの口コミなども参考になりますが、HP上で退去申請日の期限や費用発生時の金額など、具体的な数字を提示する管理会社は信頼できるでしょう。過度に安価な物件は違約金や原状回復費で大金を請求されるリスクがあります。大家さんの都合による掘り出し物物件の可能性もありますが、初めて依頼する管理会社の物件なら避けたほうが無難です。

【愛知県】おすすめのマンスリーマンション紹介会社ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名リードマンスリーアットインリブマックスレオパレスグッドステイ
特徴①カバン1つでその日から生活が始められるすぐに生活できるように家具家電を豊富に用意主要ターミナル駅近くのエリアに物件を数多く保有している部屋探しから鍵のお渡しまで来店せずに完結アクセスが良好な物件を多数用意
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
【愛知県】おすすめのマンスリーマンション紹介会社ランキング!
記事一覧