単身赴任の引越し先は?マンスリーマンション?それとも賃貸?

公開日:

単身赴任の引越し先

単身赴任をする方は、自宅を残した状態で引っ越しをすることになります。そのため、賃貸物件を契約するかマンスリーマンションを契約するか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、単身赴任の引越し先はマンスリーマンションか賃貸物件どちらがおすすめかを解説します。

単身赴任の引越し先

会社から異動を命じられ、単身赴任を検討しなければならない方を困らせるのが引っ越し先ではないでしょうか。単身赴任とは、家族を残して本人だけが赴任先の土地に引っ越しをすることです。もちろん、家族全員で引っ越しをできればよいのですが、マイホームを購入していたり、子どもの教育環境を変えたくなかったりする場合には、単身赴任になる家庭も少なくありません。

また、共働きで赴任先についていけないという理由で単身赴任になることもあるでしょう。そして、単身赴任をする場合、赴任先で物件を借りる必要があります。しかし、通常の引っ越しとは異なり、自宅に家族を残したまま引っ越すことになります。

当然、自宅で使用している家具や家電を持って行ってしまうと、残される家族が困ってしまいます。そこで、単身赴任の方の引っ越し先は、家具・家電のことを踏まえて最適な物件を探す必要があるのです。単身赴任での引っ越し先の選択肢は主に3つです。

1つ目は通常の賃貸物件、2つ目は家具・家電付きの賃貸物件、3つ目は家具・家電付きのマンスリーマンションです。たとえば、家具・家電付きの物件は初期費用を安く抑えることができますが、賃料が高い傾向にあります。

また、物件数が限られることにも注意しましょう。一方、通常の賃貸物件に入居する場合は、最初に家具や家電を揃える必要があるため、初期費用が高額になります。

また、退去時に家具・家電をどのように処分するのかも考えておかなければなりません。さらに、短期間の単身赴任の場合は、マンスリーマンションも選択肢になるでしょう。つまり、単身赴任での引っ越し先は、期間や物件に求める条件を明確にし、最適な場所を選択することが大切なのです。

お得な住まいを期間ごとに比較

単身赴任の引っ越し先は、滞在する期間を基準に選ぶのが選択肢の一つです。まず、滞在期間が1年以上になる場合は、通常の賃貸物件を契約することをおすすめします。家具・家電付きの賃貸物件は賃料が高額な傾向にあるため、1年以上入居すると、家具・家電を揃えるのにかかる初期費用をカバーできるケースが多いからです。

一方、半年前後の赴任期間になる場合は、家具・家電付きの賃貸物件を検討するとよいでしょう。入居にかかる手間を省くことができ、身軽な状態で住み始められることが魅力です。半年前後の滞在であれば、家賃が相場より高くても充分メリットを感じられるでしょう。

さらに、週単位の出張から1年まで、期間が未定の単身赴任など幅広い期間に適しているのがマンスリーマンションです。マンスリーマンションは家具・家電が備え付けられている物件がほとんどであり、数か月単位で契約が可能です。さらに、敷金・礼金などの初期費用も掛からないため、気軽に住み始められるのです。

ただし、半年以上住む場合は、通常の賃貸物件や家具・家電付きの賃貸物件の方がマンスリーマンションよりもトータルコストが安くなる場合があります。つまり、引っ越しにかかる準備の手間や費用、入居期間などを考慮したうえで物件選びを進めていくことが大切なのです。

単身赴任する際のマンスリーマンションの選び方

マンスリーマンションといってもさまざまな物件があります。入居後に後悔することのないよう、ポイントを押さえて物件選びをするようにしましょう。まず、単身赴任で物件を契約する場合は、会社の規定を確認することが必須です。条件によっては、家賃補助や引っ越し代金の補助などを受けられる場合もあるため、事前に規定を確認しておくことが大切なのです。

次に、一人で住むことを考慮して物件を選ぶことがポイントです。毎日忙しく働いている方のなかには、家族に家事を任せっきりになっている方もいるでしょう。その場合、単身赴任になって、突然一人で家事をこなすことにストレスを感じてしまうことがあります。そこで、物件の近くに飲食店やコンビニがあるかどうかを確認しておくことをおすすめします。

最後に、自宅への帰りやすさも考えておきたいポイントです。単身赴任になると、家族と顔を合わせる回数が減ってしまいます。家族との絆を保つためにも、新幹線や空港へのアクセスを考え、気軽に自宅に帰れる物件がよいでしょう。

 

単身赴任の際に困りがちなポイントとして、引っ越し先が挙げられます。家具や家電を自宅から持ち出すことができないため、新たに購入するのか、家具・家電がついている物件にするのか、検討する必要があるのです。そこで、滞在期間を考慮したうえで物件選びを進めていくことがおすすめです。また、マンスリーマンションを契約する際は、会社からの家賃補助があるのか、物件の周辺に何があるのかなどを考え、最適な物件を選ぶようにしましょう。

【愛知県】おすすめのマンスリーマンション紹介会社ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名リードマンスリーアットインリブマックスレオパレスグッドステイ
特徴①カバン1つでその日から生活が始められるすぐに生活できるように家具家電を豊富に用意主要ターミナル駅近くのエリアに物件を数多く保有している部屋探しから鍵のお渡しまで来店せずに完結アクセスが良好な物件を多数用意
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
【愛知県】おすすめのマンスリーマンション紹介会社ランキング!
記事一覧