マンスリーマンションと賃貸マンションの違いとは?どっちがお得?

公開日:2022/03/01


毎年2月、3月頃になると新生活に向けて物件探しに奔走する人が多くなります。短い期間だけ滞在するなら、マンスリーマンションという選択肢もありますが、その実態はどのようなものでしょうか?ここではマンスリーマンションと賃貸マンションの違い、借りるときの注意点などを解説します。どちらがお得か考えてみましょう。

マンスリーマンションとは

マンスリーマンションとは短期間で利用できる、マンションやアパートの名称です。通常の賃貸物件はほとんどが2年単位の契約ですが、マンスリーマンションは1月単位で契約し、短期で居住できる点が特徴です。そのため短期賃貸マンションとも呼ばれています。

マンスリーマンションは賃貸マンションですが、契約の際、敷金・礼金がありません。保証人も必要ないので、物件探しから3日もあれば入居できます。家具や家電が設置されており、生活に必要な物はほぼ揃っています。部屋内のキッチン、冷蔵庫、調理家電を使って自炊も可能です。食器類、調理器具をレンタルできる施設が多いので、これらを利用すれば自分の家と同じ生活ができます。衛生面から布団も備え付けではなく、レンタル品となっている施設が多くみられます。契約期間中に使用した光熱費、水道費は賃貸料に含まれます。自分で電力会社などと契約する手間はかかりません。

最近ではほとんどの施設でWi-Fiが完備され、インターネット環境は充分整っているといえます。短期賃貸物件なので、部屋の清掃、管理は自分で行います。短期間で借りられる、生活に必要な備品が揃っている、契約の手続きが簡単、との理由で、マンスリーマンションは単身赴任者、月単位の出張に多く利用されてきました。社会人だけでなく、大学受験の上京や短期留学にも活用されています。改築、リフォームでしばらく自宅に住めない人にも、便利に使える施設です。

賃貸マンションとは

賃貸マンションとは大家(またはオーナー)さんと利用者が賃貸契約を結び、居住する物件です。ほとんどが2年契約で、稀に3年契約の物件もあります。契約をさらに2年延長したいときは、更新料を支払い、続けて居住します。入居したい部屋を見つけたら、不動産業者から大家さんに入居希望者がいることを伝えてもらいます。

その際、不動産業者には仲介手数料を支払います。入居にあたっては審査が必要で、場合によっては保証人を立てなければなりません。従って、物件探しから入居まで早くて2週間、長くて2・3か月かかります。契約には身分証明書の他に住民票、実印、印鑑証明、収入証明など各種証明書を提出するので、手続きが複雑で時間を要するのです。

入居時には敷金+礼金+前家賃+日割り家賃+仲介手数料+火災保険料+管理費・共益費が必要で、およそ家賃の半年分に相当します。家具、家電が備え付けの物件もありますが、長く住むために、生活用品は自分で揃える人が多いようです。退去時に原状回復のため、必要になる費用は敷金の中から支払います。預けておいた敷金が、修繕費を上回れば差額を返金してもらえます。

マンスリーマンションと賃貸マンションはどっちがお得?

結論からいえば、短期間の居住はマンスリーマンションがお得、長期間の居住は賃貸マンションがお得、となります。短期間とは1月を超え1年未満、長期間は1年以上と考えてください。賃貸マンションは入居時の諸費用が家賃の半年分と高額ですが、マンスリーマンションは1か月分の家賃と諸費用だけでOKです。生活用品が揃っているので、自分の家具・家電を購入しなくても大丈夫。

しかし光熱費などが家賃に含まれているため、賃料自体は賃貸マンションよりも高額です。レンタル品も長く使用を続けていると、大きな金額となっていくでしょう。賃貸物件は契約期間を終えると、続けて居住するために、更新料を払わなければなりません。短い期間で更新するマンスリーマンションは、更新料の支払い回数が多くなります。月家賃はマンスリーマンションの方が割高なので、1年以上長く住み続けると賃貸マンションの方がお得になります。

マンスリーマンションを借りるときの注意点

マンスリーマンションは基本的に住民票登録ができません。行政からの郵便物などで不便を感じる面があるでしょう。また入居時の審査が簡単なため、安全面が問題視されているようです。見知らぬ人が1か月以上隣人となることに不安を感じる人もいます。

また施設内の設備を破損すると、修繕費を請求される恐れがあります。備え付けの家具・家電は各施設で大きく異なるので、必要な物を調べておき、持ち込みするか、備品でまかなうかを判断しなければなりません。

 

マンスリーマンションは短期間で利用できる賃貸マンションです。初期費用が高額な賃貸マンションに比べて、お得に入居できます。1年以上の居住は賃貸マンションの方がお得になるため、自分の生活形態に合わせてどちらかを選びましょう。セキュリティや備品については事前に確認して、個人で判断する必要があります。

【愛知県】おすすめのマンスリーマンション紹介会社ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名リードマンスリーアットインリブマックスレオパレスグッドステイ
特徴①カバン1つでその日から生活が始められるすぐに生活できるように家具家電を豊富に用意主要ターミナル駅近くのエリアに物件を数多く保有している部屋探しから鍵のお渡しまで来店せずに完結アクセスが良好な物件を多数用意
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
【愛知県】おすすめのマンスリーマンション紹介会社ランキング!
記事一覧